北國新聞社

先輩達の声 

経済部 清水義晃/2006年入社・明治大学卒

迅速に読者の「知りたい」届けたい

経済部は企業が主な取材対象になります。北陸三県に本社を置く会社だけでなく、大手メーカーの製造拠点などを回ることもあります。北陸にはグローバルに事業を展開する企業が多いので、地域や国内のみならず、世界経済の動向にも気を配らなければなりません。

一口に企業といっても、金融機関や製造業、流通・小売に住宅などジャンルは多岐にわたり、複数の記者で業界を分担して情報収集に当たっています。人事や組織改正から新商品や新サービスまで、さまざまな情報を記事にしていきます。

上場企業を中心に、四半期ごとに開示される決算の内容を紙面で紹介するのも重要な仕事の一つです。決算は企業の成績表であり、経営状況の分析はもちろん、会見での社長の発言や表情まで、なるべく詳細に報道することを心掛けています。

日々の取材では、経営者に直接取材することも珍しくありません。大組織を束ねるリーダーに1対1でさまざまな質問をぶつけ、独自の経営哲学や信念を聞くことができるのは経済記者にしかできない貴重な経験です。

経済に関する記事は、ともすれば数字ばかりのつまらない内容になってしまいがちです。それをいかに分かりやすく、おもしろく書けるかが腕の見せ所です。今年は消費税増税や働き方改革関連法の施行など経済に関する話題が盛りだくさんです。読者の「知りたい」を丁寧にひろい、迅速に届けていくことができればと思っています。

ページトップ